レクチャー in 和敬塾

今日は、午前中から目白聖公会にて24日公演のリハーサルを行いました。
今回ゲスト出演して下さるギターの今井さんも加わり、だんだんと”風景”が見えてきました。
今井さんのギターにしても、トニカさんのピアノにしても、即興的なアプローチが強いので、
私達も常に刺激されながら一声一声発しています。
カペラッテを今までに聴いて下さった方にも、まだこれからという方にも、
「声」というものの新たな可能性を感じていただけるコンサートとなりそうです。
一人でも多くの方と、この日限りの「空間」を共感できたら嬉しいです!

コンサートの詳細はこちら♪
http://i-debut.org/journal/j_disp.asp?code=7626

そして夜7時からは、
音楽史研究家の今谷和徳先生によるレクチャー「西洋音楽史から見た地域性~イタリア・フランス・
スペインを比べて」が行われ、その中で実演を担当させていただきました。
会場は、各界の著名人が熱弁を振るったという、和敬塾の講堂。
昨夜は、今谷先生の貴重なお話がやわらかに響きました。
笑顔のとても素敵な先生は、控え室でも常に穏やかでいらして、
私達が質問したことにも丁寧に教えて下さいました。
先生、ありがとうございました! またお会いできる日を楽しみにしています。    (針ヶ谷)

b0104117_1136033.jpg
   
[PR]
by cappellatte | 2006-06-08 23:41
<< 誘惑の多い街 聖母病院チャペルコンサート >>